大阪府河内長野市で樹の家の注文住宅なら【アシスト不動産販売】

樹の家
img-3
HOME > ブログ
カテゴリ
  • おすすめ物件情報(1255)
  • イベント情報(16)
  • お知らせ(4)
  • 採用情報(1)
  • 最新の記事
  • ★★ 本日のおすすめ物件 ...
  • 河内長野市で土地、一戸建て...
  • ★ 本日のおすすめ物件ご紹...
  • ★★ 本日のおすすめ物件 ...
  • 富田林市で土地、一戸建て、...
  • ★ 本日のおすすめ物件ご紹...
  • ★★ 本日のおすすめ物件 ...
  • 河内長野市で土地、一戸建て...
  • ★ 本日のおすすめ物件 富...
  • ★★ 本日のおすすめ物件 ...
  • ★アシストでは正社員募集中!営業、一般事務、建築士急募です★

     晩秋の候、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。

    河内長野本店営業部の馬場田茂雄です。

    平素は当店を御利用いただき御厚情のほど、心より御礼申し上げます。

     さて、今週のブログのお題は「尊厳死」です。

    先日も、仕事の休憩時間に何気なく新聞を見ていると、

    このような話題が取り上げられていました。

    「29歳の女性が、自ら宣言通り尊厳死」とのことです。

    それは、アメリカオレゴン州在住の、ブリタニー・メイナードさんという

    女性が、末期の脳腫瘍と診断を受け、 尊厳死を選択されました。

    そして、去る11月1日、医者から処方された薬を自ら服用して、

    29歳という若さで死去したそうですが、皆様はどう思われますか。

    報道によれば、「個人の選択によるものだから、尊厳死は

    認められるものだ」と言う方もいれば、「延命の可能性もある中で、

    自ら命を絶とうとしている人に、薬を処方すること自体が自殺ほう助だ」と言う方もいらっしゃいました。

    私の個人的な意見ですが、どちらの意見も正しいとは言えませんし、

    誤っているとも言えないと思います。そもそも、

    助かる見込みがない病気にかかってみないと、その時自分が

    どう考えるかなど、健全な今の私には想像も出来ません。

    ただ、自分の両親、もしくは父親か母親のどちらかでも

    生きているのならば、私は私を生んでくれた親の前でその命を

    絶とうとは思わない、自分ではそう感じます。

    ただ、私の両親が、治らない病気だから、苦しみたくないから

    自ら命を絶ちたいと言ってきたら、それは本人が選択した道だから、

    と思うかもしれませんし、必死に生きることを願うかもしれません。

     つまり、人の生死を人がどうこう言うことではないと、私は思います。生きるとは死に向かうこと、と聞いたことがありますが、

    若干29歳で生きたくても生きられない人がいる。

    その死をどうこう言う前に、健全な私たちは、「今を大切に」

    「今を一生懸命生きる」ことが、何より大切なことではないかと思います。

    さて、今週からリクルートの「はたらいく」さんで、

    アシスト不動産販売鰍フ正社員求人が始まりました。

    就職や転職をお考えでしたら、是非当社に面接に来てください。

    当社で活躍する若い男性、女性が多数いらっしゃいます。

    応募先は、0721-56-3377担当馬場田まで。求人内容は、

    はたらいく→営業→河内長野市で検索してください。

     

    おすすめ物件情報 馬場田 茂雄 2014.11.10
    アシスト不動産販売 建設事業部