大阪府河内長野市で樹の家の注文住宅なら【アシスト不動産販売】

樹の家
img-3
HOME > ブログ
カテゴリ
  • おすすめ物件情報(1271)
  • イベント情報(16)
  • お知らせ(4)
  • 採用情報(1)
  • 最新の記事
  • ★★ 本日のおススメ物件 ...
  • ●本日のオススメ物件をご紹...
  • 河内長野市で土地、一戸建て...
  • ★ 本日のオススメ物件 河...
  • ★★ 本日のおススメ物件 ...
  • 河内長野市で土地、一戸建て...
  • ★ 本日のおすすめ物件 南...
  • ★★ 本日のおススメ物件 ...
  • 河内長野市で土地、一戸建て...
  • ★ 本日のオススメ物件 堺...
  • ★ 注文住宅 【樹の家】ご紹介 part2 ★

    こんにちは☀本店営業部です(●^o^●)

    今日もアシストの注文住宅についてご紹介します♪

    以前に樹の家について書かせて頂いていますので

    3/18日金曜日のブログも見てくださいねッ\(◎o◎)/!

     

    さて、今日のテーマは樹の家は強い!!です。その@

    (地番調査と 地盤補償)

    基礎工事の着工前にまず地盤調査を行い、地盤の強度と性質を調べます

    地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験という方法で行います

    その調査結果により、地盤が必要な強度を満たしていれば

    そのまま基礎工事着工となります。

    軟弱地盤と判定した場合には、

    基礎工事の前に地盤改良工事を行います

    改良の方法には表層改良・乾式柱状改良・湿式柱状改良などがあり

    地盤の状態に合わせて最適な方法で施工させて頂きます。

    建物の不同沈下を防ぐためには

    建物の地盤を強固な状態にすることが第一です。

     

    樹の家には安心の地盤保証が付きます!!

    (万が一の地盤不良による建物の不同沈下などに補償が付きます)

     

    基礎工事

    樹の家の基礎は頑丈な鉄筋コンクリートのベタ基礎です

    更に耐久性を考慮したワンランク上の仕様となっております。

     

    ■ 基礎の立ち上がり幅  150o (建築基準法の25%UP

    ■ 鉄筋(主筋)の太さ  16o (一般な工法より3oUP

    ■ 土台の大きさが  120o (一般的な在来工法より15oUP

     

    基礎の立ち上がり幅を150oにすることにより、鉄

    筋の防錆配慮年数も建築基準法2.6倍確保しました

    樹の家の基礎に使用するコンクリートは設計強度21N/mu以上

    (冬期に24N/mu)を採用しています。(一般的には18N/mu)

     

    樹の家は地盤から徹底しています。お気軽に資料請求してくださいね。ヽ(^。^)ノ

    お待ちしております。

     

    次も、樹の家についてご紹介します

    樹の家は強い!!そのAをご紹介します(^_^)/~

     

     

                               

     

     

    おすすめ物件情報 宮 真帆 2016.03.22
    アシスト不動産販売 建設事業部